オメガ3の妊娠中・授乳中における効果とは

オメガ3の妊娠中や授乳期間の効果とは何か?

 

ママオメガは他の葉酸サプリとは違い、オメガ3にとことんこだわって作られているサプリなんです。

 

そこで気になるのが、オメガ3は妊娠中や授乳中に赤ちゃんにどのような効果があるの?ということではないでしょうか。

 

オメガ3の期待される効果をまとめてみました。

 

そもそもオメガ3とはなに?

オメガ3はサバ、イワシ、ブリなどの青魚に含まれているDHAやEPAやエゴマ油に含まれているαリノレン酸のことですが、妊娠中や授乳中に積極して欲しい成分です。

 

そこで、なぜオメガ3が妊娠中や授乳中に摂取して欲しい成分なのかを調べました。

 

オメガ3は細胞を正しく機能させる栄養素

オメガ3は細胞が正しく機能するために必要な栄養素です。

 

栄養が母体を通してお腹の赤ちゃんに伝わり、脳の発達を助けてくれます。

 

オメガ3は胎児や幼児のうちは体内で合成されないため、母体や胎盤を介して供給できるように妊娠中に十分に蓄えておく必要があります。

 

特にお腹の中で赤ちゃんの色々な器官が、出来あがってくる妊娠初期からオメガ3を摂取し続けることで、赤ちゃんに栄養としてきちんと届けてくれます。

 

赤ちゃんの知能の発達を高めるためにも妊娠中から摂取することが推奨されます。

 

オメガ3は早産のリスクを減らす効果が期待できる

さらに、オメガ3を妊娠中に摂取しておくと早産のリスクを減らす効果も期待できると言われています。

 

オメガ3は赤ちゃんの知覚、認知、記憶力をアップさせる効果が期待できます。

 

脳が最も発達する時期は胎児から生後3カ月のうちと言われています。

 

授乳中にオメガ3を摂取することで、脳の発達に働きかけ子供のIQを高める効果も期待できます。

 

赤ちゃんが生まれた後の主な栄養源はママの母乳になるので、ママが何を食べるかによって母乳の質が決まります。

 

授乳時にオメガ3を摂取することで乳児の生育、行動、視覚発達に働きかけやすい母乳を作ってくれます。

 

オメガ3は赤ちゃんの脳の働きを助けるのに大切な成分であり、授乳中に積極的に摂ることで赤ちゃんの脳の発育をサポートします。

 

オメガ3はお母さんの産後うつも予防できる?

オメガ3は妊娠中や授乳中の赤ちゃんの発達をサポートするだけでなく、ママにも嬉しい効果が期待できます。

 

産後は心身のバランスが不安定になりやすく、うつ症状が出る産後うつの改善にもサポートしてくれます。

 

産後のママの身体はホルモンバランスが変化している状態であり、それが産後うつにつながってしまうこともがあります。

 

イライラや常にネガティブな感情に悩まされたりと感情の波が激しくなることが特徴です。

 

産後のママのホルモンバランスの乱れを整えるのにオメガ3は効果的で、心身の不安定な状態を改善し、トラブルを起こりにくくしてくれます。

 

オメガ3の摂取量の目安とは?

オメガ3の摂取量は妊娠中は1.9グラム、授乳中は1.7グラムが理想摂取量とされています。

 

人間の体内で作ることが出来ないので、特に不足しがちな成分でもあります。

 

そのため、効率良くオメガ3を摂取するにはママオメガを活用するのがおススメなんです。

 

オメガ3は植物由来のものがおすすめ

また、オメガ3には魚由来と植物由来の2種類がありますが妊娠中から授乳中までに摂取して欲しいのは植物由来のものです。

 

魚由来のオメガ3は水銀や重金属など赤ちゃんの健康を阻害してしまう有害物質を含んでる可能性があり、摂取し過ぎるとお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまうことがあるからです。

 

なので、有害物質を含まない植物由来のオメガ3を摂取することをおススメします。

 

オメガ3をサプリで摂取する場合は食品添加物や化学物質を含まない、安全性の高いものを選ぶことでも赤ちゃんの健全な発育のために、ママの母乳の質を高めるためにも大切です。

 

オメガ3を効率的に取れるママオメガの詳細はコチラ >>

 

 

トップページへ戻る

page top