住宅展示場へ足を運ぶメリット|実際に見てみよう

中古でも妥協しない

住居

雨天で異なる外観

茅ヶ崎エリアも南側・北側で一望できる景観は異なり、環境も考慮して中古一戸建てを検討する必要もあります。売却された戸建ての多くは、売主側のこだわりでプランニングされているためです。近年では風水の影響から、建物の方角まで建主が関与するケースもあります。隣家との離れ具合、部屋の広さなど、建て替えを検討しない場合には注意深く確認しておきたい内容です。茅ヶ崎エリアは工業も盛んで、施工に関する妥協点は少なく、基礎・木工事・屋根・建具・内外装に関して、10年程度の築年数の中古一戸建ては優良住宅として展開されています。大事なのは使い勝手ですが、新築同様、生活をスタートさせてみなければ見えない部分です。中古で重要視したいのは建物外部で、2階の窓から見える範囲で1階の屋根、軒樋の固定などを目視しながら、雨水処理法も確認します。ベランダは1階への雨漏りの原因になるヒビなどを確認しますが、可能な限り、雨天両方で見学に足を運ぶことが重要なチェックポイントとも言えます。

土地の価値

歴史的文化財・景観・食などの魅力から、茅ヶ崎エリアに移住する人も増え、需要増となるのが中古一戸建てです。建て替えを検討するケースは、築年数が古い場合や気候風土による耐久性、害虫による食害のレベルなどによっても建て替えが行われます。中古一戸建ては、茅ヶ崎エリアの豊富な土地から探す手間が不要で、所帯を持つことをステータスとする若い年代の世帯から定評があります。ですが、長く住む土地ですから、探す手間を省く分、賢い購入が大事です。他の土地や建物にない魅力があるのか、また、年老いても住みやすいことは将来の快適な暮らしのポイントです。眺めの良い方向は、日当たりや風通しにも関係し、海風やビル風の有無、遮るものが将来建設されないのか、重視したい点です。デザイナーズや注文住宅など、茅ヶ崎エリアの建物のグレードは高いため、土地への関心が少なくならないことが中古の価値を上げる魅力にも繋がります。